セージュ山の手とは?

利用される方が可能な限り自分の力を発揮し、明るく尊厳ある日常生活を送ることができるよう、一人ひとりの状態や個性に合わせた看護・介護・リハビリテーションを提供いたします。
また、ご家族が安心して在宅での介護ができるよう、きめ細かく相談に応じ、ご支援してまいります。

建物の概要

建物面積
3,305.8㎡
構  造
鉄筋コンクリート造3階建(一部4階)
療 養 室
4人室が18室、2人室が4室
入所定員
80人
併設施設
・札幌市西区介護予防センター山の手・琴似
・指定居宅介護支援事業所セージュ山の手
屋上からの景色
セージュ山の手の屋上より撮影した風景です。
屋上からは手稲の山々、そして札幌市西区のシンボルである
「三角山」が望めます。

施設の紹介

開設年月日
平成2年5月1日
設置形態
病院併設型
札幌太田病院(精神科、神経科234床)

職員の状況

※平成26年9月16日現在

■ 施 設 長  熊 岡 構 市

職員数
72名
 
医師1名  薬剤師1名  看護師13名
介護職員40名(うち介護福祉士36名)
作業療法士4名  理学療法士3名
管理栄養士1名  支援相談員5名
介護支援専門員4名(うち専従2名、兼務2名)
その他5名(うち、高齢者部門統括顧問1名)

介護老人保健施設(老健)とは?

  1. 他職種・多機能施設
  2. リハビリテーション施設(認知症も含めた)
  3. 在宅復帰・在宅生活支援施設
  4. 最終的には看取りも可能な施設

病状が安定していて、介護の必要なお年寄りが可能な限り自分の力を活用し、明るくゆとりある日常生活を 送ることができるよう一人一人の個性に合わせた看護・介護・リハビリテーションを行い、お世話させて頂く ところです。 そして、ご家族が安心して在宅での介護ができるよう、きめ細かく相談に応じております。